お年寄り

糖尿病食を届けてくれる通販は便利|健康的な食事を毎日食べられる

血糖値を上げないためには

医者

血糖値が高い状態の症状

体にとって必要な糖質は体内で消化されることによりブドウ糖に変換され血液によって全身に運ばれ吸収されることで、エネルギーとなります。この血液をめぐるブドウ糖のことが血糖といわれるもので、血糖値は血液の中にあるブドウ糖の量を示すものです。血糖値が高い状態が続いていると糖尿病になってしまい、体にとってさまざまな悪影響を与える可能性がでてきます。糖尿病の場合、初期の段階や軽度の場合などは、自覚症状がほとんどみられないため、気がついた時には重症になっていることが多いといわれています。糖尿病になることで現れる症状としては、尿の量が増えることがあります。また、のどが渇きやすくなり大量の水分を取りたくなる場合なども要注意です。その他にも、体重が短期間で減ってしまう場合や、疲労が溜まりやすいのも超尿病の症状になります。

食事での注意点

糖尿病の場合の食事での注意点としては、暴飲暴食をせずに、食事の量に注意することが大切です。一日3食適量を栄養バランスを考えた食事をすることが大切です。偏食をしたり、一度に大量に食べるのは血糖値を上げてしまう原因にもなりますので、控えるようにしましょう。また、アルコールの摂取、間食などはできるだけ控えるようにすることが大切です。アルコールそのものは血糖値を上昇させる原因になることはありません。しかし、お酒には糖質が含まれており、そのためできるだけ控えるようにしましょう。間食も糖分や脂肪などを含むものが多いため、糖尿病や肥満などの原因になります。お酒や間食もある程度控え、適量を守ることが重要だといえます。