難関学部に合格するために!医学部受験を目指す学生への確認事項

医療を仕事とする

将来需要の高い仕事につきたいという思いから医療系の学部を目指す人もいると思います。医師、歯科医師、看護師など様々な職に合わせた学部・学科がありますが、医学部受験で共通することは難易度が高いことです。合格を目指すためには受験生と保護者がその難しさを理解し、しっかりと勉強、サポートしていく事が重要です。

医療系の学部例

  • 薬学部
  • 歯学部
  • 看護福祉学部
  • 心理科学部
  • 医療技術学部
  • リハビリテーション科学部
  • 医療福祉マネジメント学部

難関学部に合格するために!医学部受験を目指す学生への確認事項

勉強

医学部受験の難易度

「立派な医師として活躍したい」という気持ちから医学部への進学を目指す学生もいると思います。医療系の仕事は衰退することがなく、日本全国に勤務地が点在するため、受験をする学生だけでなく両親にとっても安心できる職と言えます。しかし医学部受験は年々難易度が高くなっており、浪人をして合格を目指している人も多いのが現状です。目標をしっかりと見据えるためにも、「何となく難しいもの」としてではなく難易度を実感、再確認し対策しましょう。

医学部に入るための偏差値

医学部に合格するために偏差値がどれくらい必要なのか知っている人は少ないでしょう。以前は偏差値50くらいで入学可能な学校もありましたが、近年では60~70と高い偏差値が求められます。偏差値70以上というのは受験者全体に対し3%以下とされており、その中に入るには高いハードルを超える必要があります。偏差値50から60に上げるよりも、60から70に上げる方が遥かに難しく、最近の医学部希望者の受験難易度はとても高くなっているのです。

難易度と厳しさを理解する

医学部受験では「頑張って勉強していれば合格できるだろう」と何となく思っているのであれば、考えが甘いといえます。志望者の中には、「儲かるから」「安定しているから」など行きたい理由が曖昧な人も多くいます。そういった人は勉強していても成績が上がらず浪人年数を重ねる事がよくあるのです。だからこそ志望している学生は、厳しい現実を認識した上で本気で覚悟を決め勉強していく必要があるのです。

それでも目指す人

受験合格へのハードルの高さを理解し、それでも目指したいと思う人はそこでようやくスタートラインに立ったといえます。難易度が高いからこそ独学だけでなく、医学部受験に特化した予備校を利用するなどして効率的に勉強していく必要があります。受験を初めて受ける学生やサポートする保護者にとっても、合格に向けた勉強法やノウハウを持った講師陣に教わることは大きなメリットとなるため、ぜひ検討してください。

学校の選び方【国立と私立】

国立

国立の学校は私立より学費が安い事が多く、経済的に通いやすくなります。また人材育成にも力を入れていることが多く、研究医として大学院に進学する人が多い傾向があります。

私立

私立は臨床医の育成に力を入れている学校が多く、病院での活躍や開業医になりたい人が目指すのに適しているといえます。

広告募集中